ブライトビジョン特許事務所

ソフトウエア特許、ご相談ください

AR/VR関連特許概観 AT_GLANCE! 実際のAR/VR関連特許を[ざっくり]見てみよう

AR(いわゆる、拡張現実:Augmented Reality)、VR(いわゆる、仮想現実:Virtual Reality)に関連する特許を概観することができます。なお、ここでは、MR(いわゆる、複合現実:Mixed Reality)に関連する特許も対象としています。

AR/VR関連特許としてキーワード検索で抽出された特許を、要約つきで一覧表示します。
 「表示」ボタンを押してください。


 収録範囲

収録範囲 2005年以降に出願され、2008年1月1日~2017年10月20日に登録された特許
経過情報 権利消滅情報(2017年11月時点)が反映されています
その他  ARやVRに関する特許を網羅するものではありません
その他  多少のノイズ(AR・VRと関係のない特許)が含まれます


 使い方のヒント

要約を参照すると、特許の中身がざっくりと分かります。
実際の権利を画定するのは請求項。請求項1は、一般的にメインの権利を表します。「請求項1を見る」ボタンを押して、その請求項1を見てみましょう。
短い請求項1を見てみましょう。200文字以下、300文字以下の請求項を指定できます。「請求項1を見る」ボタンの()内は請求項1の文字数を示しています。(一般的に)文字数が短い請求項は、簡潔な表記のため、権利内容の理解が容易で権利範囲も広く、より参考になるはずです。
消滅した特許を表示するように、又は表示しないようにできます。
検索キーワードを入力すると、タイトル、特許番号、出願番号、公開番号、特許権者、請求項1、要約のいずれかに入力キーワードが含まれる場合、その特許を表示します。
「代表図を見る」ボタンを押して、その特許の図面を1つ見ることができます。この図は、選択図として出願人が指定したものです。マウスオーバーで右回転します。

FI分類、出願番号、公開番号の表示:
請求項1の表示:
請求項1≦200文字の特許のみ表示:
請求項1≦300文字の特許のみ表示:
消滅した特許は表示しない:
消滅した特許のみ表示する:
検索キーワード :
出願年で絞り込む: