バナー1
HOME WHAT'S NEW LINK SITE MAP
ブライト LIBRARY
ブライト FOCUS
チョッとひと息
]Y  「フランスパン工房」
(2009.8.7)
 
 
特許第4148320号
 発明の名称   :「スナック菓子の製造方法、スナック菓子、スナック菓子風食品」
 出願日     :平成15年(2003)10月15日(優先日は平成14年10月24日)
 登録日     :平成20年(2008)7月4日
 存続期間満了日:平成35年(2023)10月15日
 
特許請求の範囲
【請求項1】
 1mm以上の厚さのパンからなる素材を、対をなす加圧面間に入れて加圧しながら加熱する加圧加熱工程を、水分含有率が6.0質量%以上で素材よりも少ない値となるまで行った後、加圧しないで乾燥させる工程を行って、外縁部がカールした形状の加工品を得ることを特徴とするスナック菓子の製造方法。
【請求項2】
 1mm以上の厚さのパンからなり、水分含有率が20〜40質量%である素材を、対をなす加圧面間に入れて加圧しながら加熱することにより、厚さが1.0mm以上5.0mm以下で、水分含有率が1.0質量%以上5.9質量%以下の加工品を得る加圧加熱工程を有することを特徴とするスナック菓子の製造方法。
【請求項3】
 茶色に焼かれた外皮を有するパンを、1mm以上の厚さで、前記外皮が外縁部に残るように切り出したものからなる素材を、対をなす加圧面間に入れて加圧しながら加熱する加圧加熱工程を、水分含有率が6.0質量%以上で素材よりも少ない値となるまで行った後、加圧しないで乾燥させる工程を行って、外縁部がカールした形状の加工品を得ることを特徴とするスナック菓子の製造方法。
【請求項6】
 パンからなる素材を圧延した後、水分含有率が素材よりも少ない所定値となるまで加熱することを特徴とするスナック菓子の製造方法。

パッケージ
フランスパン工房 パッケージ
 
 
シュガーバター味
シュガーバター味
 
 
製造方法 
 
図7

・特許権者は、三重県津市の株式会社おやつカンパニー
・2007年の大ヒット商品、フランスパン工房の製法特許。パッケージに特許番号の表記があります。おやつカンパニーといえば、ベビースターラーメンが有名ですが、これは、それ以来(約半世紀ぶり)の大ヒットスナック菓子と言えます。当初、地域限定で発売したところ、あまりの人気で、3日後には販売中止になってしまったという逸話があります。
・上記請求項1〜3、6のように、様々な製法で権利取得がされていますが、そのすべてをざっくり言えば、パンをプレスして乾燥させたということ。このような製法のために、フランスパン工房は通常のスナック菓子のおよそ半分のカロリー。これがヘルシー志向の消費者にウケて大ヒットに繋がったようです。
・図7は、製法の一例を示したものです。最初に、湾曲した(上下対の)加圧面を持つプレス装置にパンをセットし(a)、次に、加圧面の対を所定の間隔まで近づけ、パンを押しつぶす(b)。ここで所定温度および所定圧力を所定時間保持する(すなわち、加熱と加圧を同時に行う)。所定時間経過後、加圧面の間隔を戻して、湾曲した板状のパンが得られる(c)。この加工品に味付け等を行うことによりスナック菓子の完成となる。


 
注1) 本ページにおける発明の名称、出願日、優先日、登録日、請求項1〜3、6、図7の内容は、独立行政法人 工業所有権情報・研修館の特許電子図書館(IPDL)において提供される特許公報(特許番号=第4148320号)の同項目から取得した情報です。
注2) おやつカンパニー、およびフランスパン工房は登録商標です。